花降らし

花降らし的吉他譜

暫無該歌曲的吉他譜,歡迎求譜發譜

花降らし的歌詞

Track 05.花降らし
作詞:n-buna
作曲:n-buna
編曲:n-buna
翻譯:池薇曼

花びらが宙に浮いた
【花瓣漂浮于空中】
舞った一足のサンダル
【起舞的一雙涼鞋】

身體ごと宙に浮いて
【如果我能連同身體一起漂浮到空中】
飛んでしまえたら私は
【就此起飛的話】

はらはらはら
【舞步凌凌亂亂】
一人で踴ってるだけ
【我只是獨自一人起舞】

ただそれだけだ
【此外什么都做不到】


春先の空気が澄んでいたから、
【早春的空氣很澄澈,】
赤いサンダルを履いて
【就穿上了紅色涼鞋】
出かけた先のあの並木のことは
【出門要去的地方的】
あなたから聞いていた
【那一排行道樹】
桜が並ぶらしい
【曾從你處聽說會開滿櫻花】

顔を伏せるように歩く人が多いから嫌になって
【來往行人多得令人厭煩,我低著頭】

そしたら飛んでいた桜が切に愉快に見えたから
【接著就看到迎面有櫻花悲傷而愉快地飛來】
この道で踴ってやろうと思った
【于是忍不住想在這條路上起舞】

タッタラタ、ラッタッタ
【噠噠啦噠 啦噠噠】
足を運ぶ
【舞步輕移】
タッタラタ、ラッタッタ
【噠噠啦噠 啦噠噠】
音を鳴らす
【踩響聲音】
タッタラタ、ラッタッタ
【噠噠啦噠 啦噠噠】
春を踴るのさ、桜の下で
【在這櫻花樹下 舞動春天吧】

花びらが宙に浮いた
【花瓣漂浮于空中】
舞った一足のサンダル
【起舞的一雙涼鞋】

身體ごと宙に浮いて
【如果我能連同身體一起漂浮到空中】
飛んでしまえたら私は
【就此起飛的話】

はらはらはら
【舞步跌跌撞撞】
一人で踴ってるだけ
【我只是獨自一人起舞】

ただそれだけだ
【僅此而已】


並木を抜けるほど歩く人の
【連快步走過行道樹的行人】
冷めた視線も気にならなくなる
【投來冷漠的視線都不去在意】

足がもつれても、
【哪怕腳步凌亂,】
髪が解けても何か楽しかった
【披頭散發也覺得挺開心】
背を曲げて生きてる私じゃないみたいだ
【好像這樣我就不會是那個屈身求生的我】

花びらの落ち方にだって
【就連花瓣落下的軌跡】
あなたとの思い出が溢れる
【也滿溢著與你的回憶】

うるさいくらいに私を覆うそれを、
【近乎喧囂仿佛要將我覆蓋的那些情感】
あなたに教えないと
【我都得告知你呢】

あなたの葬式を見た
【參加了你的葬禮】
なんてことのないアイロニー
【帶著微不足道的諷刺】

形だけ何か述べて通り過ぎ行く
【形式化地致辭 走個過場就離開】
あぁ、私は
【啊 我唯有】

はらはらはら
【舞步搖搖曳曳】
一人俯いてるだけ、ただそれだけだ
【獨自一人低著頭,此外什么都做不到】


花びらが宙に浮いた
【花瓣漂浮于空中】
舞った一足のサンダル
【起舞的一雙涼鞋】

貴方ごと宙に消えて
【如果你的一切于半空中消逝】
行ってしまえたら私は
【就此遠去的話我唯有】

はらはらはら
【舞步飄飄搖搖】
一人で踴ってるだけ
【我只能獨自一人起舞】
式日を背に
【將你的祭日拋在背后】

一人俯いてるだけ
【獨自一人低著頭】
ただそれだけだ
【此外什么都做不到】

***終わり***

最新求譜

j21003878 4 小時前 | 懸賞中 總譜 撥片:63 回復
Decwar 2018-10-27 | 懸賞中 總譜 撥片:10 回復
夢未醒 2018-3-27 | 懸賞中 指彈 撥片:5 回復
兮憶 2017-8-5 | 懸賞中 彈唱 撥片:16 回復
壓路機 2017-5-14 | 懸賞中 指彈 撥片:10 回復
關注微信,獲取大禮包
网上棋牌网址 <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>